スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GCコントローラ修理

ゲームキューブだけに関わらずアナログスティックって壊れやすい気がします。
GCcon_1.jpg
今回は片方のアナログスティックが利かなくなってしまったGCのコントローラを正常に近づけてみましょう。

GCのコントローラ
はんだ
はんだごて
Y字ドライバ

 

まず6ヵ所の赤丸Yネジを外します。

Y字のドライバーがなかったので管理人は強引にマイナスドライバでまわしました(^^;)意外とまわるものですね。

GCcon_2.jpg

 

裏面から開けたほうがボタンがバラバラにならなくていいかもしれません。

GCcon_3.jpg

 

下の図の赤丸部分がアナログステックです。これは今回は左上のスティックの調子が悪いため

右下のものと交換します。

GCcon_4.jpg

 

さて交換作業に移ります。赤丸内にあるはんだをはんだ吸い取り機でとり、アナログスティックを交換します。

GCcon_5.jpg

 

これで完成です。

今回は左上のアナログスティックだけ動くようになれば良かったので正常な"Cスティック"と交換しただけでしたが、もし片方だけ壊れたものがもう1つあれば正常に動くものを1台作れますね。

 

お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

自作 NDS専用USB充電器

DSの修理は完了しましたが、そういえば充電器がなかった;
dsusb_002.jpg
よーしこれで充電器作るぞー!
写真ではUSBオス1つたりない

画像左のものはGAMEBOYポケット時代の何かですw。(前にHARDOFFで100円くらいで入手)

配線をまとめるケースとして使います。

USB(オス)標準Aプラグx2個 どこにでもあるUSBオスタイプです
グルーガン(ホットボンド) コネクタのj固定に使用
はんだ 適量
はんだごて 20Wくらい
+字ドライバ 特に必要ないかな
ハサミ等 皮膜をむくのに使用

 

□□■簡単一番 NDS専用充電器■□□

さてUSBからどうやって充電するの?って思われる方がいるかもしれませんが、それ程難しいことではありません。
大まかな手順を言うと
USBの+5Vの線とGND(マイナス)の線、計2本を繋ぐだけ
簡単でしょ?

・充電器が足りない。
・コネクタが壊れてしまった。


そんな方におすすめです。

実際に作る前にある程度の予備知識を学んでおきましょう。


□□■DS充電には5.2[V]■□□

いろいろと調べてみると
DSのバッテリは5.2Vの直流電源を加えることで充電できるようです。
しかし、5[V]出力の電源になるようなものが手元になかったので、5v程度出るUSBを使うことにします。

USB端子のピンアサイン(端子の配置)を見てみましょう。

dsusb_001.jpg

 

表を見てわかるように「電圧(5V)は1番ピン」「GNDは4番ピン」となっています。
※GND(グラウンド)とは電池で言うマイナス側のことです。


なのでこの1番と4番ピンをDSの電源端子に繋げば充電できるはずです。


さてさてDSのピンアサインは
DSスロット側がGND。
Lボタン側が5.2[V]になっています。

dsusb_003.jpg

 

なのでUSBの1番ピンをDSのLボタン側の端子へ。
USBの4番ピンをDSスロット側の端子へ接続すればOKということです。

では配線がわかったことで早速作業開始です!

□□■加工■□□

1.まずはDSに差し込むコネクタを用意しましょう。
適当なUSBコネクタ(オス)を用意し、外側の樹脂を全部剥ぎます。

dsusb_004.jpg

 

こんな感じ。線も取り、コネクタだけを残してください。

dsusb_005.jpg

 

こちらは配線が上手く収まるように一部削っておきます

dsusb_007.jpg

 

あとは組み立て配線です。

dsusb_006.jpg

 

2.先ほどのコネクタとUSBケーブルをケースに入れます。
USBの・黒のケーブルのうちは信号ケーブルなので切断して構いません。

dsusb_009.jpg

 

3.赤(5.2v)黒(GND)をコネクタはんだづけし、白いコネクタはグルーガン等で固定します。

dsusb_010.jpg

 

あとはケースを元に戻して完成です。

□□■ 完成 ■□□

dsusb_011.jpg

 

オレンジランプが点いているのでちゃんと充電されているのがわかります。

dsusb_012.jpg

 

もし差し込んでも上手く充電できない場合はUSBの端子にはんだを盛ってみるといいでしょう。

dsusb_013.jpg

 

USBはパソコン以外の家電にも多く使われているので、いろいろなところで充電ができるのが利点ですね。
複合電話器などは24時間つけっぱなしなので管理人はそれで充電しています。

お疲れ様でした!

NDSを修理してみました!

下の液晶画面が割れたジャンクDSを入手しました。やっと交換部品が届いたので、早速作業開始です。
dsrepair_001.jpg
今となっては持っているほうが珍しいかもしれない初期のNDS。
下画面が割れてしまったジャンク品を入手したので液晶交換+αにチャレンジしてみました。

ジャンクDS 下液晶割れ
交換用部品
Y字型ドライバ
小プラスドライバ

 

今回の修理品はこれ

dsrepair_002.jpg 黒のDSです。写真だと綺麗そうに見えますが実際は傷だらけ…
てことで、折角なので筐体もついでに交換しましょう。

 

□□■NDS分解■□□

回使用した交換部品はこちらです。

・DSシェル+ボタン類
・液晶画面
・タッチパネル
dsrepair_004.jpg

 

1.まずは本体裏側にあるバッテリの蓋(緑丸)をはずし、中にある2本と外側の5箇所のネジをY字ドライバで外しましょう。

dsrepair_005.jpg

 

と思ったら、そういえば通販でY字買ってなかったな…;


と言うことで即席で作りました!
ジャン

dsrepair_008.jpg

 

100円ショップで売っている精密ドライバを加工して作りました。
先端を平らにした後、面が三角形の鑢で削っただけです。
お値段は激安なんですがちょいと根気が必要。

まぁ回れば良し!
筐体の付属品に+ネジがあるしね。
開けるときだけ回ればいいんです。

てことで次々

2.ネジを外せば上に持ち上げるだけで外れるはずです。

dsrepair_006.jpg

 

3.そうするとDSの基板があるので
・基板と筐体を繋ぐ4本のネジ(赤丸)
黄色のコネクタ2本その裏側にある
ピンク2本
・それと忘れずにDSスロットの左下にあるオーディオケーブル
(橙)を外してください。

dsrepair_007.jpg

 

オーディオケーブルは接続部分を真上に持ち上げ。
黄色のフラットケーブル2つは端子を上に起こし。
隠れている
ピンク印の2本は端子両端のロックを外せば取れます。

dsrepair_009.jpg

 

4.中央にあるのが液晶画面でその下にタッチパネルが粘着テープで張り付いています。画面は持ち上げれば取れます。
これで下側の分解は完了です。
DSのつなぎ目から出ているフラットケーブルとオーディオケーブルは上側の基板に接続されているので無理に引っ張ったり
しないように。次は本体上側を分解しましょう。
そうそう。
赤丸部分にもネジがあるのでとっておいてくださいね。

dsrepair_010.jpg

 


5
黄色ネジ4本を外してください。

dsrepair_011.jpg

 

そうすると筐体が外れるのですが、内部に爪があるので無理にこじ開けないように、少しずつ外していきましょう。

6.赤丸ネジ2本を外せば全部外すことが出来ます。
組み立てなおすときはこのネジだけ短いネジを使っているので注意しましょう。
間違えて長いネジを使ってしまうと管理人みたいにDSの筐体にネジ跡が浮き出てしまいますよ。注意です。

dsrepair_012.jpg

 

緑丸には開閉用の部品が挟まっていますので、細いもので押し出してとって置きましょう。
青矢印のとこに板が入っているのでこれも組み立て時に忘れないようにしましょう。


これで分解作業は終了です。

dsrepair_013.jpg

 

あとは筐体・液晶・タッチパネルなどを交換し、もと通りに組み立てるだけです。
中国製なのでちょいとバリがあったりしてパーツをあわせにくかったですがなんとか成功。
ボタンなどは前のを流用しました。

付属のロゴシールなどを張ってハイ完成!

dsrepair_014.jpg dsrepair_015.jpg

 

下画像のはパネルが曇っていて画面が見にくかったので、アクリル板を切ってはめてみました。
淵を黒く塗っていない分、気持ち画面が大きく見えるようなみえないようなw。


なんか修理というよりか分解がメインになってしまいましたが、これで終了です。

お疲れ様でした!

…といいたいところですが、起動後赤ランプで

充電器買ってないことに気がつき

番外編で手持ちの材料を集めてUSBで充電できる

USB充電器を作ってみました。

復活の最終手段 レーザー出力調節!

ゲームディスク(CD/DVD)を読み込むDVDドライブは消耗品なので、使っているうちに、読み込むためのレーザー が不安定になりディスクが読み込めなくなってきます。今回は直に出力を調節してPS2を復活させましょう!
PS2repair_7.jpg

SONYタイマーの噂がありますが、本当かはともあれ数年も使いこめばどんなものでも だんだん壊れてきます。今回のPS2はSCPH-18000で2世代目のPS2です。18000の発売日が 2000年12月3日ですから、6年以上たってます。 さてそんなPS2の修理方法(レーザー出力調節)を紹介します。

 

発売からもう7年近く経った、未だ新作ソフトが発売されている「PS2」ですが、使っていくうちにディスクが読み込めなくなってきます。。そうなってしまったPS2を捨てる前に一度挑戦してみては? 今回は基盤まで分解する必要がなく、+ドライバ2本でできる簡単な修理方法を解説します。(SCPH-55000まで)

+ドライバー  大小
あったらいいな静電気防止手袋  
それなりの運  

 

それでは説明に入ります。 ①今回修理するのが18000番です。本体裏のシール左上に書いてあります。

 

なんで型番をチェックするかと言うと、型番の種類で構造が大きく異なるからです。

特にSCPH-18000からSCPH-30000。SCPH-55000からSCPH-70000は構造が大きく変化しました。

②それでは分解。本体裏の右下にある毎度おなじみ、保障シールをはがします。 このPS2は友達がはがしてしまっていたのかシールがついていませんでした。

PS2repair_4.jpg

 

※シールをはがすとSONYからの保障を一切受けられなくなります。 まぁどうせ修理に出しても、レーザーユニットの交換だけで 1万取られる訳だし、自分で直した方がお得ですね。

②本体のねじをはずしましょう。

PS2repair_6.jpg

 

場所や型番によってネジの場所が違うので、組み立て時に間違った長さのものを 取り付けないよう注意しましょう。

上図では全部外してますが、上段の短ネジ4本は外さなくても大丈夫です。

③左の基盤が電源ユニット、右の黒いのがDVDドライブです。 電源基盤は動作確認時に触れると感電するので注意してください。

PS2repair_7.jpg

 

今回はレーザー出力調節をするので、DVDユニットを分解していきます。 赤丸の黒い短いネジを4つ外しましょう。これでカバーが外せます。

PS2repair_8.jpg

 

調節のための半固定抵抗はレーザーユニットの裏面にあるので もう少し分解していきましょう。

④次にトレイを外します。

PS2repair_9.jpg

 

2つネジを外したら、下図のように持ち上げ、手前に引きます。

PS2repair_10.jpg

 

これでトレイが外れます。 中央にあるのがDVDドライブの心臓部分です。 レンズに傷や指紋をつけない様に。

PS2repair_11.jpg

 

白いギアが高さ調節です。これを回して改善することもありますが、むやみに回すと レンズとディスクが接触したりするので注意です。今回は使いません。

PS2repair_12.jpg

 

赤印の2つの平たいネジはレーザーユニットを支えている鉄心を止めています。 今回は右のネジだけ外しましょう。 ⑥ココで装着。あったらいいな静電気防止手袋

PS2repair_1.jpg

 

自作PCを作るときに買ったものです。819円と微妙な値段ですが 静電気に滅茶弱いレーザーユニットを取り扱う上では必需品ですかね。 右側の鉄心を外し、ユニットを持ち上げます。

PS2repair_13.jpg

 

⑦さて最後の難関!出力調節です。調節には小さめな+ドライバ1本だけですが、 さっきも言った通り、静電気に滅茶苦茶弱い!

CD用半固定抵抗器の真下にある 銀色の小さい部分ははんだを盛ることによって静電気を逃がしてくれ、突然死を 防いでくれます。

はんだ付けに自信がない人はやらないほうが無難です。盛っ た場合、調節後はんだを取るのを忘れずに!

今回はDVDが読み込みにくいので下図では左の抵抗値をドライバで回し調節します。

PS2repair_14.jpg

 

ここからは調節→確認→調節の繰り返しです。

抵抗器はほんの少し回すだけで抵抗値は大きく変わるので、最高でも45度くらいまで。 それ以上は絶対回さないでください!

確実に壊れます。 調節し終わったら、逆の手順で組みなおしていけば完成です。

管理人は調節1回で直りました! ジジジジッ・・の音もなくなり、 電源投入後32秒くらいから15秒くらいに読み込み時間短縮です!

※今回は簡単に直りましたが、静電気や調節の仕方ひとつで PS2が壊れることがありますので、十分に知識を身に着けてから自己責任で行ってください。

 

P.S 空気口に埃がたまると熱が上手く逃げず、PS2に良くないのでたまには掃除しましょうね。 掃除機ですえば簡単に取れます。

PS2repair_15.jpgbefore PS2repair_16.jpgafter

 

お疲れさまでした!

PSDPP製作

パソコンにPSのコントローラーを繋げよう。エミュも楽々操作!
Main_psdpp.jpg

 

SFCやGBのROMの吸い出しができましたが、操作はパソコン なのでキーボードです。 しかしこれだと慣れるまでが結構大変です。な のでここではPSのコントローラーをPCで使用する方法を紹介します。

PSのコントローラーコネクタ コネクタはPS本体から取り外しましょう
25ピン、パラレルケーブル もちろんこれが接続できるパソコンも必要です。
はんだごて・はんだ 接続に使用
専用ドライバ  
   

 

1.パラレルケーブルを加工しましょう。

2.適当な長さに切断します。(ノイズを避けるためできるだけ短い方が いいでしょう。)そして中の配線を調べていきましょう。

dpp_1.jpg

3.回路図はこちら↑ わからなくならないために線にセロハンテープなどで印を付けておき ましょう。

4.配線を確認しましたら。ケーブルの加工は終了です。次はPSコネクタの加工に取り掛かりましょう。

5.PSを裏返しネジを外して蓋を開きます。

6.コントローラーコネクタはネジを外し、フラットケーブルを外せば、取れます。

7.そして回路図どおりに、ケーブルとコネクタを配線すれば完成です。


しかーし。まだ完成ではありません。 コントローラーはパソコンにとって部外者。黙って繋げてもパソコンが許してくれるはずがありません。

そう言う時は、【ドライバ】をインストールしましょう。

そのドライバは Win98以下 Win2000/XP からDLしてください。


「コントロールパネル」→「ゲ ームコントローラ」のアイコンを選ん でください

追加 → その他 → ディスクの使用 → 参照  そして先ほどダウンロードしたものを解凍した中にある Directpadpro.inf を選択してください。

そしてゲームコントロー ラ追加をクリックすると  DirectPad Pro Controller DirectPad  と Pro Controller Force Feedback Contoroller の二つが新し く追加されているはずです。それらを追加し完成です 。

 

 

結果

Main_psdpp.jpg dpp_4.jpg
左がPSDPP。右が番外編の回路図をもとに製作したPSのコネクタを搭載しているちょっと怪しげなSFコントローラ。もちろんちゃんと動きますよ。

 

おお、管理人愛用のエミュ【uosnesw】でちゃんと動かせました!!

ですが、ゲームやエミュの種類によって動かせない物もあるようです。

MCCさくら(Free)を使えば、PSのセーブデータをパソコンに取り込んだりできますよ。 

お疲れ様でした!

 

スポンサーリンク

PSP

--カスタムファームウェア--

5.50GEN-A

 ├バグ修正パッチ1

 ├5.50GEN-B

 ├5.50GEN-B2

 ├5.50GEN-C

 ├5.50GEN-D

 └5.50GEN-D2

3.71M33

 ├3.71M33-2

 └3.71M33-3

  ├1.50kernel Add-on

  └1.50kernel Add-on V2

3.52M33

  ├3.52M33-2

  ├3.52M33-3

  └3.52M33-4

3.40OE-A

3.30OE-A

  └3.30OE-A'

3.10OE-A

  └3.10OE-A'

--CFW導入--

Pandora's Battery

  └Universal Unbriker v8

--対策版PSPにCFW導入--

ChickHEN

--ダウン・アップグレード--

Recovery Flasherv1.30

--番外編--

PSPで映画を見る

複数のPS1ディスクをまとめる方法

Youtubeの動画を入れる

エミュレータの紹介

PS2

--メモカブート--

  ├TITLE.DBを作ろう

  ├メモカブートを試す

  └BIOSの吸い出し

--改造--

強制イジェクト

  └搭載実験

--HDDからPS2起動--

HDLoader

  ├HDD外付け化

  └WinHIIP v1.7.6

--バックアップ--

PS2ディスクをバックアップ

  └PS2の筐体の外し方

--番外編--

PS2でスーファミ

PSDPP製作

Wii

--Wii改造の第一歩--

The Homebrew Channel

--バックアップ起動--

・Wii_Backup Launcher

  ├ 0.3beta

  ├0.3gamma

  └多機能な USB Loader

・GC_BackupLauncher

  ├0.1Xi

  └0.2

・SD/USB Loader系

  └SD/USB Loader v1.5

ROM吸い出し

ファミコンを吸い出そう

GBAを吸い出す

NDS吸い出し方法

PCengineの吸い出す

Wii,GCの吸い出し方法

修理

--PlayStation 2--

  └復活の最終手段 レーザー出力調節!

--NintendoDS--

  ├液晶・タッチパネル交換

  └自作 USB充電器

--携帯電話--

  └FC&GBライフ

--修理--

GCコントローラを修理

--番外編--

PS2の歴史

  ├SCPH-10000

  ├SCPH-15000

  ├SCPH-18000

  ├SCPH-30000

  ├SCPH-35000

  ├SCPH-37000

  ├SCPH-39000

  ├SCPH-50000

  └SCPH-55000

メニュー
現在の閲覧者数:

過去の記事を検索できます
【サイト内検索】
【ウェブ検索】
最新記事
PR
【スポンサー広告】

無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。